当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。


宛名印刷サービス

 「宛名印刷」とは
お客様が作成した住所録データで宛名を印刷することができるインターネット限定のサービスです。
住所の登録は、サイト上で直接入力することができます。仕上りイメージの確認もできます。 また、CSVファイルのインポート機能を使って、一括で登録することも可能です。

宛名印刷見本


料金

基本料金1,080円 + 枚数×28円

納期

通常納期 + 3日

※宛名印刷ができない商品

以下のデザインは宛名印刷のお申込みができません。

・喪中はがき
921~923
・寒中見舞いはがき
931~936

ご注文方法

1. 絵柄選択から仕上がり確認画面までは通常の商品と同様にご注文いただきます。

2. 仕上がり確認画面にて「宛名印刷」にチェックを入れていただき次に進みます。


3. 宛名データを登録画面へと進みます。


宛名データの登録

<宛名データ登録画面>

宛名画面


宛名データは次の2通りの方法で作成することができます。また、この2通りの方法を併用したり、入力した内容を編集することも可能です。


1. 直接サイト上で宛名データを入力する
宛名データ登録画面にて、「新しいカードの追加」のボタンをクリックいただき必要な情報を入力してください。

2. CSVファイルのインポート機能を使用する

下記の「CSVファイル作成方法」に沿ったデータを作成いただき、「データのインポート」から登録してください。

※データに不備があった場合やお客様に確認が必要な場合は、納期が遅れる場合がありますのであらかじめご了承ください。

CSVファイル作成方法

 CSVファイルとは
データをカンマ【,】で区切ったデータを並べたテキストファイルです。
CSVファイルは、Excelで作成する事ができます。
テンプレートファイルをダウンロードして作成する。
  1. <テンプレート(エクセル版)>をダウンロードします。

  2. テンプレートはこちらからダウンロードしてください → <宛名テンプレート(エクセル版)>
  3. ダウンロードしたテンプレートをエクセルで開き、データを入力します。
  4. ファイルをCSV形式で保存します。
    ファイル ⇒ 名前を付けて保存 ⇒ 「ファイルの種類」をCSV(カンマ区切)にする ⇒ 任意の場所に保存
    ※エクセル形式で保存しますと、電話番号の頭の「0」などが消えてしまうことがありますので、必ずCSV形式で保存してください。
  5. 「データのインポート」をクリックし、作成したCSV形式のファイルをアップロードします。
  6. 登録されたデータを確認してください。
他のソフトからエクスポートしたCSVファイルを使用する場合
  1. エクセルにインポートする
    新しいシートを開く ⇒ データ ⇒ 外部データの取り込み ⇒テキストファイルのインポート ⇒ 取り込むデータを指定しインポート
    *必ず上記の方法でCSVファイルを開いてください。直接エクセルで開くと数字などのデータが自動変換されてしまう恐れがあります。
  2. 1行目の項目名を下記に合わせてください。項目名が合っていれば並び順が違っても読み込む事ができます。
  3. 姓 , 名 , 郵便番号(前半) , 郵便番号(後半) , 住所1 , 住所2 , 会社名 , 支店・営業所名 , 肩書

  4. ファイルをCSV形式で保存する
    ファイル ⇒ 名前を付けて保存 ⇒ 「ファイルの種類」をCSV(カンマ区切)にする ⇒ 任意の場所に保存